書き始め書き始め
【書き始め】
挨拶文の書き方は一度覚えてしまうと簡単なものです、知らない場合は難しそうだと敬遠する人も多いようですが、結婚式、転勤、退職の時、またなにかしら挨拶をする時などに挨拶文の書き方をしっていればスムーズに対応できるようになります、知っておいて損はないでしょう。

それに挨拶文というのはなんらかのパターンによって成り立っています、それさえ知ってしまえば怖いものはありません。

ここでは挨拶文の書き方をしるにあたって、まず成り立ちから説明していきたいと思います。

【区切りの技術】
挨拶文の書き方を分かりやすく理解するには区切って考えるのが一番です。

挨拶文を区切って考えていくといくつかの特徴に気づくはずです。

挨拶文の最初の部分に注目してみましょう。大体最初の文章は似通ってることがわかるはずです、なにか体調などを心配するようなことを言っていたり、その時の季節の事が書いてあったりですが、最終的にはいかがお過ごしでしょうか?といった感じの事が書いています。

これを前文といい、文章のはじめはこういった形ではじめるのが一般的だと言われています。

【書き方まとめ】
挨拶文の書き方を知る時に一番肝心なのは前文の次に続く主文という部分でしょう。

ここは挨拶文の主だった目的、知らせたい事を書くわけですからここをしっかり書かなければ飾り立てただけの文章になってしまいます。

何故挨拶文を書いたのかはここにすべてが集約されています、できるだけ分かりやすく簡潔に書きましょう。

主文に続くのは末文というものになりますが、これは意味合い的にはよろしくお願いします的な意味になります、最後に敬具とつけておけえば礼を逸することはないでしょう。

最後に日付と名前を署名しておけば問題ないでしょう。


こうやって考えると大事なのは主文の部分です、それ以外のところは約束事のようなものなのでその状況に応じたものをあてはめていけば立派な挨拶文が出来上がることでしょう。

挨拶文とは
書き始め
退職の挨拶文とは
挨拶文について
挨拶文について
挨拶文
結婚式の挨拶文・仲人編


挨拶文マニュアルTOPへ

(c)挨拶文マニュアル